26 食わず嫌い


脇道音楽堂 〜わたしの一曲〜編集者/柏子見

音楽を聴くことは大好物だ。

自分のお金で初めて買ったの音楽は、
小学生の時友達の間で大流行した
ジャッキー映画のサントラ。もちろんLPの時代。
多分実家に眠っていると思う。
でもその話ではない。

音楽を一番熱心に聴いていたのは90年代学生のときだと思う、
渋谷系というジャンルがもてはやされていて
ミーハーな自分はそこに乗っかり、音楽の幅を広げていった。
今考えると一番「音楽愛に満ちていた時代」だと思う。

2010年代 YouTubeや音楽配信サービスなどで音楽との接し方が変わり
相変わらずいろいろな音楽は聴くけど
自分の中に残っていく音楽がグンと減った
自分的には「愛のない音楽の聴き方」に変わっていったような気がしている。

そんな中 最近、90年代のプレイリスト的なものを聴き流していたとき、
フワフワした声と曲に耳を奪われスマホを覗き込んでしまった。
90年代に一部ではすごく流行っていたけど、
自分が初めて聴いた時は全然ピンとこず
食わず嫌いで全然聴いていなかったグループ。
今の自分にはピッタリハマったようだ。

Fishmans  ナイトクルージング


この声でもう新譜が聴けないのは残念です。

2019.6.13
石川 和也

公開日/2019年06月13日



関連記事